7と1/2階でシャングリラ

らっしゃい!杏さんのブログだよ!

俺のアイドル楽曲大賞2019

平成から令和へと時代が変わった2019年、アイドル業界は多事多難の様相を呈した。NGT48山口真帆暴行事件は、一部メンバーの関与が疑われ、AKSの対応も後手に回ったことも相まって泥沼化。新たな暴露も飛び出し、解決の糸口は未だ見えない。NegiccoNao☆は現役アイドルのまま結婚を発表。アイドルの固定観念を揺るがした。前途多難のアイドル業界において、もはや信じられるのは楽曲のみ。ということで、本家「アイドル楽曲大賞」をベースに、2018年12月1日〜2019年11月30日リリースされたアイドル楽曲のベスト30を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

f:id:anztolchock:20191111172526p:plain

 ※ハロプロ楽曲に関しては別枠にてレビュー。 

anztolchock.hatenablog.com

第30位 ZOC「family name」

大森靖子を中心としたアイドルグループZOC、1stシングル。作詞作曲は「共犯者」という位置付けの大森靖子。鍵盤の旋律が美しい刺々しいロックチューン。過去のしがらみに苦悩する彼女たちが、アイドルとして新しい姓を手にすることで、可愛い自分を肯定(大森、西井以外は芸名)。そのきっかけとして「察して」のフレーズが置かれたというのも興味深い。「クッソ生きてやる」と決意を叫ぶパートに心を突き動かされる。

www.youtube.com

続きを読む

俺のハロプロ楽曲大賞'19

スマイレージ/アンジュルム最後のオリジナルメンバー和田彩花ハロプロを去った。個人の意志を尊重し多様性を重視した価値観で、グループを再生。蒼井優らのバックアップという幸運が重なったことは言うまでもない。さらに、今年デビューを果たした12人組グループBEYOOOOONDSが、1stシングルを約10万枚を売り上げ、初登場週間1位を獲得。アイドル界の勢力図を塗り替える活躍を見せた。そんなハロプロの根幹はやはり楽曲。ということで、本家「ハロプロ楽曲大賞」をベースに2018年12月1日〜2019年11月30日リリースされたハロプロ及びハロプロ関連の楽曲のベスト15を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。  

f:id:anztolchock:20191111172558p:plain

※アイドル楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第15位 BEYOOOOONDS「ニッポンノD・N・A!」

ハロプロの末っ子グループBEYOOOOOND、1stシングル。作詞は野沢トオル、作曲は星部ショウ。現代日本を斬った歌詞を、90年代小室哲哉サウンドに乗せた。未成年の主張オマージュも盛り込まれ、令和にデビューしたアイドルが平成の30年間を総括する一曲となった。ユーロビートに乗った「D・N・A」のフレーズは、メンバーがカバーしたDA PUMP「U.S.A.」からであり、要は私のおかげである(しつこい)。

www.youtube.com

続きを読む

俺のアイドル楽曲大賞2018

2018年、アイドルは完全に崩壊した。PASSPO☆ベイビーレイズJAPAN、アイドルネッサンスなど中堅アイドルが相次いで解散。夢の架け橋は途絶えた。地下アイドルと地上アイドルに二極化するも、決して未来へのビジョンが描けているわけではない。頼みの綱は坂道とWACKか。さらなる産声を期待したいところ。一方楽曲においては新たな活路を開こうと、杓子定規ではないユニークな作品が急増。ということで、本家「アイドル楽曲大賞」をベースに、2017年12月1日〜2018年11月30日リリースされたアイドル楽曲のベスト30を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

f:id:anztolchock:20181106102833p:plain

 ※ハロプロ楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第30位 フィロソフィーのダンス「イッツ・マイ・ターン」

プロデューサー加茂啓太郎が手がけるフィロソフィーのダンス、8枚目のシングル。作詞はヤマモトショウ、作曲は宮野弦士。ソウルフルでグルーヴィーなディスコサウンドに乗せ、フィロのスの繰り出す音楽とダンスで、シーンにコペルニクス的転回をもたらす気概を歌った。パワフルな歌声の日向ハルを始め、4人のボーカルの個性が見事に最適化。ニッチながらブレないスタンスが今日の評価につながった。

www.youtube.com

続きを読む

俺のハロプロ楽曲大賞'18

ハロー!プロジェクト誕生20周年。現役メンバー総勢55人が集結したシングルや、モーニング娘。OGメンバーと現役メンバーがコラボしたミニアルバムのリリース。後藤真希加護亜依市井紗耶香ハロコンに復帰するなど、話題に事欠かない1年だった。蒼井優アンジュルムを推し、テレビの露出が増えたのも記憶に新しい。そんなハロプロを支えてきたのは楽曲。つんく♂を筆頭に、児玉雨子や星部ショウなどの作家陣が個性的で聴き応えのある楽曲を世に放ってきた。ということで、本家「ハロプロ楽曲大賞」をベースに2017年12月1日〜2018年11月30日リリースされたハロプロ及びハロプロ関連の楽曲のベスト15を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。 

f:id:anztolchock:20181106102851p:plain

 ※アイドル楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第15位 つばきファクトリー「春恋歌」

昨年末、「日本レコード大賞」最優秀新人賞を受賞したつばきファクトリー、3rdシングル。作詞は大森祥子、作曲は元センチメンタル・バス鈴木秋則。春を迎え、新たな旅立ちの期待と不安を歌った、上品で華やかなポップソング。「~ます」と終わる歌詞は、キャンディーズ春一番」をオマージュか。優等生的でいまいち物足りなかったつばきの、王道アイドルとしての成長が伺える。

www.youtube.com

続きを読む

俺のアイドル楽曲大賞2017

2017年、アイドルは厳しい局面に立っている。欅坂46がメディアを騒がせ、BiSHが「ミュージックステーション」出演を果たした。しかし、中堅層のグループはこぞって解散。特に生ハムと焼きうどんの失敗は、大きな遺恨を残した。メジャーにおいてもAKB48から渡辺麻友が卒業し、かつての神7が全員去るなど、一つの節目の年であったと言えるかもしれない。そんな中、楽曲においては既存の作家に加え、新たな才能が続々と開花。ということで、本家「アイドル楽曲大賞」をベースに、2016年12月1日〜2017年11月30日リリースされたアイドル楽曲のベスト30を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

f:id:anztolchock:20171201140625p:plain

ハロプロ楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第30位 Task have fun「3WD」

今年「見つかった」と言われる3人組グループTask have fun、4枚目のシングル。作詞作曲はGUCCHO。ホーンセクションが鳴り響くブラスロック。メンバー3人が三輪駆動(3WD)となり、アイドル界の険しい道のりを突き進む決意を歌った歌詞は、アイドル戦国時代からピースフルな雰囲気に変わったアイドル界に一石投じた。振りコピ必至な激しくもキャッチーなダンスは、夏フェスで大きく映えた。

 www.youtube.com

続きを読む

俺のハロプロ楽曲大賞'17

来年の20周年を目前に、ハロー!プロジェクト混迷の時代を迎える。絶対的存在であった℃-uteが解散し、精神的支柱であった嗣永桃子が引退。16人目のハロプロキッズであり、48人のリーダーである和田彩花は仏と化した。果たして51人を極楽浄土させることが出来るのか。嵐のように変革の起きた怒涛の1年、ハロプロではつんく♂をはじめ、児玉雨子や星部ショウなど様々な作家が名曲を紡いできた。ということで、本家「ハロプロ楽曲大賞」をベースに2016年12月1日〜2017年11月30日リリースされたハロプロ及びハロプロ関連の楽曲のベスト15を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

f:id:anztolchock:20171201140505p:plain

※アイドル楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第15位 アンジュルム「愛さえあればなんにもいらない」

川村文乃船木結加入前のアンジュルム、23枚目のシングル。作詞はイイジマケン、作曲は炭竃智弘。イントロはエルガー「威風堂々」。カノンやワルツなどのクラシックの要素を盛り込んだ重厚感のあるエッジのきいたトラックに乗せ、前に進む勇気を力強く歌う。それは先行き不透明なハロプロのリーダーとなった和田彩花の決意のようにも聴こえる。

www.youtube.com

続きを読む

俺のアイドル楽曲大賞2016

2016年、アイドルは正念場を迎えている。BABYMETALのアルバムが米ビルボードのアルバムチャートにランクインし、地上波では生ハムと焼うどんが大活躍。一見隆盛を極めているように見えるが、現場から着実に客が減り、次々とグループが解散。話題に上がることといったら武闘派の警備員や最前のヲタク。「沸き」ばかりが注目を集め、大きな魅力だったアイドルの多様性は大きく後退しているようにも思える。しかしその影で、作曲家たちは斬新かつ秀逸な楽曲を生み出し続けている。ということで、本家「アイドル楽曲大賞」をベースに、2015年12月1日〜2016年11月30日リリースされたアイドル楽曲のベスト30を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

f:id:anztolchock:20161213181901p:plain

ハロプロ楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第30位 私立恵比寿中学 「まっすぐ」

www.youtube.com

スターダストプロモーション所属の私立恵比寿中学、10枚目のシングル。作詞作曲は天才杉山勝彦。ピュアな恋愛がテーマの壮大なバラード。ユニゾンの美しさは彼女たちの努力と才能の賜物だろう。コミカルな楽曲も多い彼女たちだが、ストレートなラブソングも真正面から歌えることを証明。メンバーの真山りかがこの曲を、汗まみれになりながら全力で歌う様に震えた。

続きを読む