7と1/2階でシャングリラ

ラ・ウスラ・デラ・ギポン・デ・リルカ・ニョキニョキ。(ニョキニョキ。)

俺のアイドル楽曲大賞2017

2017年、アイドルは厳しい局面に立っている。欅坂46がメディアを騒がせ、BiSHが「ミュージックステーション」出演を果たした。しかし、中堅層のグループはこぞって解散。特に生ハムと焼きうどんの失敗は、大きな遺恨を残した。メジャーにおいてもAKB48から渡辺麻友が卒業し、かつての神7が全員去るなど、一つの節目の年であったと言えるかもしれない。そんな中、楽曲においては既存の作家に加え、新たな才能が続々と開花。ということで、本家「アイドル楽曲大賞」をベースに、2016年12月1日〜2017年11月30日リリースされたアイドル楽曲のベスト30を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

f:id:anztolchock:20171201140625p:plain

ハロプロ楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第30位 Task have fun「3WD」

今年「見つかった」と言われる3人組グループTask have fun、4枚目のシングル。作詞作曲はGUCCHO。ホーンセクションが鳴り響くブラスロック。メンバー3人が三輪駆動(3WD)となり、アイドル界の険しい道のりを突き進む決意を歌った歌詞は、アイドル戦国時代からピースフルな雰囲気に変わったアイドル界に一石投じた。振りコピ必至な激しくもキャッチーなダンスは、夏フェスで大きく映えた。

 www.youtube.com

続きを読む

俺のハロプロ楽曲大賞'17

来年の20周年を目前に、ハロー!プロジェクト混迷の時代を迎える。絶対的存在であった℃-uteが解散し、精神的支柱であった嗣永桃子が引退。16人目のハロプロキッズであり、48人のリーダーである和田彩花は仏と化した。果たして51人を極楽浄土させることが出来るのか。嵐のように変革の起きた怒涛の1年、ハロプロではつんく♂をはじめ、児玉雨子や星部ショウなど様々な作家が名曲を紡いできた。ということで、本家「ハロプロ楽曲大賞」をベースに2016年12月1日〜2017年11月30日リリースされたハロプロ及びハロプロ関連の楽曲のベスト15を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

f:id:anztolchock:20171201140505p:plain

※アイドル楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第15位 アンジュルム「愛さえあればなんにもいらない」

川村文乃船木結加入前のアンジュルム、23枚目のシングル。作詞はイイジマケン、作曲は炭竃智弘。イントロはエルガー「威風堂々」。カノンやワルツなどのクラシックの要素を盛り込んだ重厚感のあるエッジのきいたトラックに乗せ、前に進む勇気を力強く歌う。それは先行き不透明なハロプロのリーダーとなった和田彩花の決意のようにも聴こえる。

www.youtube.com

続きを読む

俺のアイドル楽曲大賞2016

2016年、アイドルは正念場を迎えている。BABYMETALのアルバムが米ビルボードのアルバムチャートにランクインし、地上波では生ハムと焼うどんが大活躍。一見隆盛を極めているように見えるが、現場から着実に客が減り、次々とグループが解散。話題に上がることといったら武闘派の警備員や最前のヲタク。「沸き」ばかりが注目を集め、大きな魅力だったアイドルの多様性は大きく後退しているようにも思える。しかしその影で、作曲家たちは斬新かつ秀逸な楽曲を生み出し続けている。ということで、本家「アイドル楽曲大賞」をベースに、2015年12月1日〜2016年11月30日リリースされたアイドル楽曲のベスト30を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

f:id:anztolchock:20161213181901p:plain

ハロプロ楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第30位 私立恵比寿中学 「まっすぐ」

www.youtube.com

スターダストプロモーション所属の私立恵比寿中学、10枚目のシングル。作詞作曲は天才杉山勝彦。ピュアな恋愛がテーマの壮大なバラード。ユニゾンの美しさは彼女たちの努力と才能の賜物だろう。コミカルな楽曲も多い彼女たちだが、ストレートなラブソングも真正面から歌えることを証明。メンバーの真山りかがこの曲を、汗まみれになりながら全力で歌う様に震えた。

続きを読む

俺のハロプロ楽曲大賞'16

ハロー!プロジェクトが変革の時を迎える。2017年6月、℃-uteが解散し、嗣永桃子が芸能界を引退する。長年ハロプロを牽引し続けたハロプロキッズが、ついに去る時が来たのだ。絶対的エースを欠き孤軍奮闘するハロプロは、未知の領域に突入する。衝撃の発表が立て続けに行われたこの1年、ハロプロではつんく♂はもちろん多彩な作家が活躍し、聴き応えのあるユニークな楽曲を数多く生み出してきた。ということで、本家「ハロプロ楽曲大賞」をベースに2015年12月1日〜2016年11月30日リリースされたハロプロ及びハロプロ関連の楽曲のベスト15を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

f:id:anztolchock:20161213181930p:plain

ハロプロを除いたアイドル楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第15位 つばきファクトリー「独り占め」

www.youtube.com

ハロプロの末っ子グループつばきファクトリー、3rdDVDシングル。作詞作曲はつんく♂。歌謡曲感が強く、生々しく湿っぽい女性の恋愛を歌っており、つんく♂節全開。「しょうがない 夢追い人」や「なんちゃって恋愛」といったプラチナ期初期のモーニング娘。を彷彿とさせる。パフォーマンスに反映されうるメンバーの飛び抜けた個性が一つ欲しいところ。つばきファクトリーは新メンバー3人追加され、来年1月にメジャーデビューする。

続きを読む

徹底予想!モーニング娘。 13期オーディション合格者はこの娘だ

2016年1月に告知されたモーニング娘。'16(以下モーニング娘。)の13期オーディション。5月には該当者なしとして、6月に再募集が掛けられた。そして11月23日、一般応募からの合格者は出ず、ハロプロ研修生の中から昇格されることが発表された。2012年に行われた11期オーディションまでは合宿に参加した最終候補者が、テレビ東京ハロプロを扱うテレビ番組で発表されていたが、それ以降は個人情報保護などの観点から合格者のみの発表となった。今回ハロプロ研修生の中からの起用に限定されたことで、狼やTwitterなどで盛んに議論が交わされている。そこで、私もハロヲタの端くれ、13期オーディション合格者を予想したいと思う。 

f:id:anztolchock:20161129194938j:plain

続きを読む

俺のアイドル楽曲大賞2015

2015年、アイドルは再び冬の時代に突入した。AKB48は初動ミリオンを達成出来なくなり、ももいろクローバーZは紅白出場を逃した。ハロプロは人気メンバーが次々卒業し、日本武道館での単独ライブを新たに出来たグループはたった一組(アイドリング!!!)。アイドル戦国時代ともてはやされたブームは、現在その勢いは明らかに鈍っているように思える。しかし、アイドル業界には有能な人材が流入し、ユニークで秀逸な楽曲が増えていることもまた事実。ということで、本家「アイドル楽曲大賞」にならって2014年12月1日〜2015年11月30日リリースされたアイドル楽曲のベスト30を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

ハロプロ楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第30位 乃木坂46今、話したい誰かがいる

www.youtube.com

 AKB48の公式ライバルという設定の乃木坂46、13枚目のシングル。アニメ「心が叫びたがってるんだ。」の主題歌。作詞はもちろん秋元康白石麻衣西野七瀬がダブルセンターをつとめた。孤独だった「僕」が「君」に恋をすることで、自らの存在意義を見出すストーリーであり、5枚目のシングル「君の名は希望」の第二章といったところか。

続きを読む

俺のハロプロ楽曲大賞'15

ハロー!プロジェクト激動の2015年。Berryz工房無期限活動休止、鞘師里保モーニング娘。卒業、福田花音アンジュルム卒業、こぶしファクトリー誕生、船木結カントリー・ガールズ加入……、そしてつんく♂ハロプロ総合プロデューサー卒業など波乱万丈の1年だった。「ハロマゲドン」の再来との呼び声高い1年間に、ハロプロでは数多くの素晴らしい楽曲が誕生した。ということで、本家「ハロプロ楽曲大賞」にならって2014年12月1日〜2015年11月30日リリースされたハロプロ及びハロプロ関連の楽曲のベスト15を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

ハロプロを除いたアイドル楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

 第15位 カントリー・ガールズ「愛おしくってごめんね」

www.youtube.com

2015年のハロプロカントリー・ガールズ島村嬉唄から始まった。浜浦彩乃牧野真莉愛佐々木莉佳子が三つ巴で牽引すると予想されていた新時代のハロプロの話題を、冬ハロでのハニカミ一発でさらった島村。「うたちゃんうたちゃん」とうわ言をつぶやくハロヲタを大量に生んだ。そして彼女は春風とともに去ってしまったのだ。

続きを読む