7と1/2階でシャングリラ

らっしゃい!杏さんのブログだよ!

俺のアイドル楽曲大賞2021

飛沫防止シート越しでしか、アイドルに触れられなくなった2021年。2度目の東京ドーム公演完遂の乃木坂46ら、坂道シリーズの人気は衰え知らず。BiSHは並みいる競合が成し得なかった、紅白出場を掴み取った。その一方、乃木坂46から生田絵梨花が卒業。さくら学院は”閉校”、BABYMETALが”封印”、Maison book girlは”削除”と去るものも。ZOCは大森靖子恫喝音声流出、巫まろ不倫報道とてんやわんや。コロナ禍前と変わらない混沌へ突入も、この1年は楽曲のクオリティが見直された時期でもあった。ということで、本家「アイドル楽曲大賞」をベースに、2020年12月1日〜2021年11月30日リリースされたアイドル楽曲のベスト30を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。 

f:id:anztolchock:20211125031806p:plain

ハロプロ楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第30位 クマリデパート「限界無限大ケン%」

www.youtube.com

”世界のこころのデパート”クマリデパート、6枚目のシングル。作詞作曲はサクライケンタとWiennersの玉屋2060%で、2ndシングル「シャダーイクン」と同じ布陣で制作。玉屋のドラッギーなメロディとアクバティックな転調の中に、サクライ特有のクラップやマリンバが奏でられており、今年活動終了したMaison book girlの面影が感じられる。作家性の強い天才2人が、お互いの持ち味を上手く引き出し合っている一曲。

続きを読む

俺のハロプロ楽曲大賞'21

ついにモーニング娘。佐藤優樹ハロー!プロジェクトを後にした。天真爛漫な問題児から、不思議な魅力を纏ったトリックスターに変貌し、ハロプロの人気を牽引。日本武道館を最後に、OCHA NORMAなど次世代へたすきを繋いだ。またこの1年は、映画「あの頃。」や書籍「証言モーヲタ」など、ハロプロの伝統を振り返る機会も多かった。そんな中、ハロプロはもちろんOGの音楽活動も活発になり、新たな楽曲が誕生。ということで、本家「ハロプロ楽曲大賞」の旧ルールをベースに2020年12月1日〜2021年11月30日リリースされたハロプロ及びハロプロ関連の楽曲(YU-M、他事務所所属を含む)のベスト15を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。  

f:id:anztolchock:20211125031722p:plain

※アイドル楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第15位 小片リサ「真夜中のドア〜stay with me」

www.youtube.com

つばきファクトリー小片リサ、復帰第2弾となるYouTube投稿曲で、カバーアルバム「bon voyage!〜risa covers〜」収録予定。松原みきの名曲のカバー。作詞は三浦徳子、作曲は林哲司。海外でヒット中のシティポップのビートに乗った、清らかで透明感のある歌声の裏に、底しれぬ闇が見え隠れ。前代未聞のスキャンダルで地に落ち汚れた歌姫が、皮肉なことに表現力を増して戻ってきた。

続きを読む

俺のアイドル楽曲大賞2020

混乱と陶酔の2020年。平手友梨奈欅坂46を脱退。白石麻衣乃木坂46を卒業。しかし坂道シリーズの栄華は未だ色褪せず。韓国ブースターを備えたNiziUは世界を熱狂。日本型アイドルのアイデンティティを揺るがせた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、アイドルたちは軒並み活動が制限。TOKYO IDOL FESTIVALは初のオンライン開催となり、あまりの粗末さに燃えすらせず。ステイホーム期間中、配信に活路を見出すものもいれば、ステージを去るものも。そして楽曲制作に力を入れるものも。ということで、本家「アイドル楽曲大賞」をベースに、2019年12月1日〜2020年11月30日リリースされたアイドル楽曲のベスト30を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。 

f:id:anztolchock:20201128034910p:plain

ハロプロ楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第30位 眉村ちあき「冒険隊 〜森の勇者〜」

www.youtube.com

今年12月、日本武道館公演を成功させた”弾き語りトラックメイカーアイドル” 眉村ちあき、配信シングルでメジャー3rdアルバム「日本元気女歌手」に収録。森への冒険と誘う子どもたちの無双感をテーマに、ノスタルジックかつ壮大な世界観をストレートに表現。数年前までいち地下アイドルだった眉村が、兼松衆のアヴァンギャルドなピアノと荒ぶるバンドサウンドを体内に取り込み、規格外の怪物へと変貌しているかのよう。 

続きを読む

俺のハロプロ楽曲大賞'20

新型コロナウイルスが猛威を奮い、すべてのコンサート、イベントが中止になったハロー!プロジェクトこぶしファクトリーは無観客での解散ライブを強行。Juice=Juice宮本佳林らの卒業ライブは延期に。ところが、夏以降は他のアーティストに先んじてライブ活動を解禁。徹底した感染症対策を講じたコンサートで全国ツアーを実施し、鬱屈したエンタメ界に一筋の光明をもたらした。決して多くはなかった楽曲リリース。しかし、キラリと個性の光る楽曲が数多く誕生。ということで、本家「ハロプロ楽曲大賞」をベースに2019年12月1日〜2020年11月30日リリースされたハロプロ及びハロプロ関連の楽曲のベスト15を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。  

f:id:anztolchock:20201128034904p:plain

※アイドル楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第15位 鈴木雅之「DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理

www.youtube.com

ラッツ&スター鈴木雅之の楽曲に、元℃-ute鈴木愛理がフィーチャリング参加。作詞作曲はいきものがかり水野良樹。テレビアニメ「かぐや様は告らせたい?」OP主題歌。ホーン・セクションの唸るダンディな色気芳しいソウル歌謡。鈴木愛理のパワフルなハモリが、鈴木雅之の哀愁を帯びたヴォーカルに決して負けていない。YouTube関連動画は合計4500万再生を記録。国内外から大きな注目を集めた。

続きを読む

俺のアイドル楽曲大賞2019

平成から令和へと時代が変わった2019年、アイドル業界は多事多難の様相を呈した。NGT48山口真帆暴行事件は、一部メンバーの関与が疑われ、AKSの対応も後手に回ったことも相まって泥沼化。新たな暴露も飛び出し、解決の糸口は未だ見えない。NegiccoNao☆は現役アイドルのまま結婚を発表。アイドルの固定観念を揺るがした。前途多難のアイドル業界において、もはや信じられるのは楽曲のみ。ということで、本家「アイドル楽曲大賞」をベースに、2018年12月1日〜2019年11月30日リリースされたアイドル楽曲のベスト30を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

f:id:anztolchock:20191111172526p:plain

 ※ハロプロ楽曲に関しては別枠にてレビュー。 

anztolchock.hatenablog.com

第30位 ZOC「family name」

大森靖子を中心としたアイドルグループZOC、1stシングル。作詞作曲は「共犯者」という位置付けの大森靖子。鍵盤の旋律が美しい刺々しいロックチューン。過去のしがらみに苦悩する彼女たちが、アイドルとして新しい姓を手にすることで、可愛い自分を肯定(大森、西井以外は芸名)。そのきっかけとして「察して」のフレーズが置かれたというのも興味深い。「クッソ生きてやる」と決意を叫ぶパートに心を突き動かされる。

www.youtube.com

続きを読む

俺のハロプロ楽曲大賞'19

スマイレージ/アンジュルム最後のオリジナルメンバー和田彩花ハロプロを去った。個人の意志を尊重し多様性を重視した価値観で、グループを再生。蒼井優らのバックアップという幸運が重なったことは言うまでもない。さらに、今年デビューを果たした12人組グループBEYOOOOONDSが、1stシングルを約10万枚を売り上げ、初登場週間1位を獲得。アイドル界の勢力図を塗り替える活躍を見せた。そんなハロプロの根幹はやはり楽曲。ということで、本家「ハロプロ楽曲大賞」をベースに2018年12月1日〜2019年11月30日リリースされたハロプロ及びハロプロ関連の楽曲のベスト15を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。  

f:id:anztolchock:20191111172558p:plain

※アイドル楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第15位 BEYOOOOONDS「ニッポンノD・N・A!」

ハロプロの末っ子グループBEYOOOOOND、1stシングル。作詞は野沢トオル、作曲は星部ショウ。現代日本を斬った歌詞を、90年代小室哲哉サウンドに乗せた。未成年の主張オマージュも盛り込まれ、令和にデビューしたアイドルが平成の30年間を総括する一曲となった。ユーロビートに乗った「D・N・A」のフレーズは、メンバーがカバーしたDA PUMP「U.S.A.」からであり、要は私のおかげである(しつこい)。

www.youtube.com

続きを読む

俺のアイドル楽曲大賞2018

2018年、アイドルは完全に崩壊した。PASSPO☆ベイビーレイズJAPAN、アイドルネッサンスなど中堅アイドルが相次いで解散。夢の架け橋は途絶えた。地下アイドルと地上アイドルに二極化するも、決して未来へのビジョンが描けているわけではない。頼みの綱は坂道とWACKか。さらなる産声を期待したいところ。一方楽曲においては新たな活路を開こうと、杓子定規ではないユニークな作品が急増。ということで、本家「アイドル楽曲大賞」をベースに、2017年12月1日〜2018年11月30日リリースされたアイドル楽曲のベスト30を私の独断と偏見で選出し、ランキング付けした。

f:id:anztolchock:20181106102833p:plain

 ※ハロプロ楽曲に関しては別枠にてレビュー。

anztolchock.hatenablog.com

第30位 フィロソフィーのダンス「イッツ・マイ・ターン」

プロデューサー加茂啓太郎が手がけるフィロソフィーのダンス、8枚目のシングル。作詞はヤマモトショウ、作曲は宮野弦士。ソウルフルでグルーヴィーなディスコサウンドに乗せ、フィロのスの繰り出す音楽とダンスで、シーンにコペルニクス的転回をもたらす気概を歌った。パワフルな歌声の日向ハルを始め、4人のボーカルの個性が見事に最適化。ニッチながらブレないスタンスが今日の評価につながった。

www.youtube.com

続きを読む